バッハの神学文庫

 

序文

バッハ Johann Sebastian Bach (1685 – 1750) の歿後間もなくして纏められた遺産目録の内の神学関連書籍リストに基づいて本「文庫」は構成されている。

 

遺産目録にはバッハの蔵書の、おそらく一分野を成していたと思われる神学・教会関係の書籍のみが列挙され、他ジャンルの書籍は挙げられていない。

 

教会での職務、とりわけて典礼の用に供される教会音楽の作曲に際して、中でもカンタータ詞の神学的解釈に参照されるべく目録に記載された書籍は集められたと判断される。バッハの活動期にあっても、宗教改革以来のルター派教会の神学的解釈はカンタータ詞の解釈に際して第一に守られるべき判断基準であり、かつ同じくルター派教会に属するとはいえ異なる神学的主張を掲げた敬虔主義等の運動に対して、カントルに課せられたルター正統派の神学思想を響かせるためにこれらの書籍はバッハの手によって繙かれた。

 

書籍の内訳は「聖書 (註解聖書)」著名な牧師・説教師による「説教集」「神学論」「護教論」及び「聖歌集」になる。その内の「護教論」はローマ・カトリック教会ないし教皇への論難・批判の書であり、教会音楽作曲の現場には直接しないため本「文庫」には含まれない。なお、遺産目録におけるバッハの蔵書の全容に関しては以下の書籍を参照。

 

Bachs theologische Bibliothek : eine kritische Bibliographie / Robin A. Leaver ; mit einem Beitrag von Christoph Trautmann = Bach’s theological library : a critical bibliography / Robin A. Leaver ; with an essay by Christoph Trautmann

 

 

本「文庫」に収められた資料の大半は北ドイツの小都ヴォルフェンビュッテルの図書館 (Herzog August Bibliothek Wolfenbüttel)に収蔵されている。その他、南ドイツ、テュービンゲンの大学図書館、シュトゥットガルトの図書館 (Württembergische Landesbibliothek Stuttgart)等の蔵書によるバッハ文庫資料がここに収められている。

 

バッハの蔵書及びそれを補足する資料の収集に多岐に亘る図書館の資料が利用されたのは、17世紀図書資料の散逸、特に第二次大戦による図書館・教会資料館等の焼失による損害のため宗教改革期からバッハの活動期に及ぶ書籍の収蔵がドイツの図書館の中でも、限られた場所に制約され、かつ一図書館でその全体をカヴァーすることが困難なためである。

 

 

バッハの遺産目録に記載されていない資料の若干が本「文庫」には付加されているが、それは広くバッハの活動期の学問状況を知るためのもの (Zedler の学術百科) 及び神学・説教に関する補足、聖歌集、コラール詞の解釈に必要とされるものである。

 

加えて若干の書籍はマイクロフィルム・マイクロフィッシュではなく、当時の書籍それ自体によって閲覧され得る(ドレスデン聖歌集等)。

 

(記.丸山)

東京音楽大学附属図書館 ライブラリー・セミナー

バッハの神学文庫

連続講座 - マタイ受難曲 -

 

第7回

2018年(平成30年) 6月2日(土)

13:00 〜 16:00:講義

 

第8回

2018年(平成30年) 8月25日(土)

13:00 〜 15:00:講義

16:00 〜 18:30:コンサート

 

第9回

2018年(平成30年) 12月15日(土)

13:00 〜 16:00:講義

 

聴講無料

 

会場

東京音楽大学付属図書館 5階 (講義)

東京音楽大学付属図書館 1階 (コンサート)

〒171-8540 東京都豊島区南池袋3-4-5

交通:JR池袋駅東口または目白駅より徒歩15分 または 東京メトロ副都心線雑司が谷駅1番出口より徒歩5分

 

クリックすると拡大できます  

 

お申し込みはじめ、詳細につきましては東京音楽大学『バッハの神学文庫』のページをご覧下さい。

これまでの歩み

東京音楽大学附属図書館 ライブラリー・セミナー

バッハの神学文庫

連続講座 - マタイ受難曲 -

 

第4回

2017年(平成29年) 5月27日(土)

13:00 〜 15:00:講義

16:00 〜 18:30:特別コンサート『歌えよ、この涙の谷で』

 出演:中丸友美(ソプラノ), 臼井雅美(チェンバロ/バロックダンス), 根津要(チェロ)

 

第5回

2017年(平成29年) 9月30日(土)

13:00 〜 16:00:講義

 

第6回

2018年(平成30年) 1月27日(土)

13:00 〜 16:00:講義

 

聴講無料

 

会場

東京音楽大学付属図書館 5階 (講義)

東京音楽大学 Jスタジオ (コンサート)

〒171-8540 東京都豊島区南池袋3-4-5

交通:JR池袋駅東口または目白駅より徒歩15分 または 東京メトロ副都心線雑司が谷駅1番出口より徒歩5分

 

 

第4回講座の際に併催された特別コンサート『歌えよ、この涙の谷で』のウェブページが、東京音楽大学図書館の公式サイト内に特設されています(2017年12月26日公開)。当日演奏された全6曲の動画を視聴することができる他、丸山桂介先生執筆による楽曲の解説も掲載されております。

 

こちらよりお越しください。

クリックすると拡大できます

 

お申し込みはじめ、詳細につきましては東京音楽大学『バッハの神学文庫』のページをご覧下さい。

東京音楽大学附属図書館 ライブラリー・セミナー

バッハの神学文庫

連続講座 - マタイ受難曲 -

 

バッハの『マタイ受難曲』はライプツィヒの教会で執り行われた聖金曜日の典礼で演奏されるべく纏められた。この歴史的事実に一片の疑義を差し挟む余地とて存在しない。

 

だが、歴史的事実に二面の存することもまた、何等の疑いを差し挟む余地とて在りはしない。

 

教会における典礼の事実に対して、いまひとつの事実は即ちバッハその人の思索の内に求められる。

 

無論バッハが、キリスト教会に反する事柄をこの作品で述べようとしたわけではあるまい。とは言えその事実に立って眺めた場合に、浮かび上がるひとつの疑問にどのように答えるべきなのか ― 今日に遺されたバッハ自筆の『マタイ受難曲』と、今日に一般に演奏されている作品との間に存する異同。或いは『ヨハネ受難曲』と曲の一部が交換された事柄に関して、それは単に交換された事柄なのか、或いは交換され得る事柄なのか。

 

我々は『マタイ受難曲』について、同時にバッハにとっての「作品」の意味について、改めて問わねばならないであろう。

 

(記.丸山)

 

 

クリックすると拡大できます  

 

詳細は東京音楽大学『バッハの神学文庫』のページをご覧下さい。

東京音楽大学附属図書館 ライブラリー・セミナー

バッハの神学文庫

- J.S.バッハ 響きの"謎"を探る - 2

クリックすると拡大できます

 

 

詳細は東京音楽大学『バッハの神学文庫』のページをご覧下さい。

東京音楽大学附属図書館 ライブラリー・セミナー

バッハの神学文庫

- J.S.バッハ 響きの"謎"を探る - 1

クリックすると拡大できます

 

 

詳細は東京音楽大学『バッハの神学文庫』のページをご覧下さい。